ニューステンプレート使い方講座関数解説道場リンク集

エクセル使い方講座

エクセルの保存時に使えるショートカットキー

エクセルのデータをすぐにでも保存したいならショートカットキーは外せません。

「左上のフロッピーマークを押せば上書き保存はすぐにできる」と思われる方もいるかもしれませんが、実際試してみるとマウスを動かしてフロッピーマークまでカーソルを持っていくよりも、ショートカットキーを利用したほうが早いです。

特に「名前を付けて保存」の場合は、「ファイル」→「名前を付けて保存」の順にクリックしてダイアログを表示させるので、それならショートカットキーでダイアログを一発表示させたほうが早いでしょう。

少しでも仕事の効率を上げたいなら、こういった細かいテクニックも覚えておいたほうが良いです。

保存のショートカットキー

ショートカットキー操作目的
Ctrl+S、Shift+F12 上書き保存
F12 名前を付けて保存

上書き保存も、名前を付けて保存も必ず使うのでショートカットキーを覚えておいて損はないはずです。

手が慣れるまで何度も使ってみてください。

 

当サイトについて

Copyright (c) 2014 Excel119 All Right Reserved.

トップページテンプレートエクセル使い方講座関数解説道場リンク集当サイトについて